【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin - 季節を楽しむ、和のお福わけ 【ラッピング・熨斗無料】

  1. ホーム > 
  2. 特集一覧 > 
  3. 【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -

【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -

特集

【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -

有田焼の伝統柄に金彩の上絵を重ねました。蕎麦猪口としてだけではなく、お酒を飲むロックグラスとして、小鉢として…ご自由にお使いください。

【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -

【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -

有田焼は、なめらかな手触り、薄くて丈夫、雪のように白く透き通るような純白の磁肌に藍色や赤・黄・金など鮮やかで繊細な絵付け、そして伝統に裏付けられた高い技術が特徴です。

有田の磁器は17世紀後半から18世紀後半にかけて、国内だけでなく、ヨーロッパを主とした海外へも多く出荷され、現在も世界中の人々を魅了しています。

【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -
【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -

有田焼は『磁器』の分類に入ります。薄く軽く、いかにもきゃしゃな印象の有田焼ですが、実は陶器よりも堅く丈夫で、磁器は日常使う食器としては最適です。

磁器は焼成温度が1300度以上と陶器よりもはるかに高く、原料に含まれるガラス状の成分がよりよく溶融し、もとの鉱物に近い堅さになろうとします。 このため、光を通すほど薄く作っても、優れた強度を持つようになります。 また土を成形して焼く陶器に対し、磁器は陶石という石の粉と磁土を混ぜて成形するため、磁肌のきめも細かくなり、なめらかな手触りを楽しめます。

【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -
【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -

有田焼は古くから日本が芸術品として誇る磁器。その伝統を現代の若い世代や、忘れかけている人々に見て、触れてほしいという想いから、新しいデザインを融合させ、リプロダクトしました。 歴史ある蕎麦猪口をモチーフに選び、地元の職人さんと話し合いを重ねながら17世紀ごろのモデルと人気の柄を復刻。金彩などの上絵を施しました。

有田焼の良さをクローズアップし、生活の中でもっと使ってもらえるアイテムとして生まれ変わったのが「CHOKU」です。 多様な食器である蕎麦猪口に、現代風の上絵をプラスすることで、モダンな印象になります。 小鉢として使ったり、酒器や湯飲み代わりにするなど、可能性がどんどん広がっていきます。

【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -
【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -

「CHOKU」は、松竹梅のデザインをあしらった特製箱に入っています。ラッピング無しでも、そのままプレゼントにできるオシャレなデザインです。 「CHOKU」の柄はシンプルなものから現代風のものまで全部で10種類。お好きな組み合わせで、ペアでお使いいただいても素敵です。

コミュニケーションマガジン「Rin」より転載 (取材・文:高秀章子 写真:中川十内)

【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -
【特集】伝統芸術にデザインを施し、生活の中でよみがえる 有田焼の蕎麦猪口 - Rin -
有田焼の蕎麦猪口 CHOKU

3,780円(税込)

蕎麦猪口に現代風の上絵をのせたモダンな有田焼の器。

全10種
ご購入はこちら

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら 新規会員登録はこちら

商品を探す

商品カテゴリから選ぶ
キーワードを入力

Rinのギフトラッピング
Rin店舗のご案内
クレジット決済対応